situm2ob’s blog

主にvapeについてのブログです。写真に汚い部屋が写ってますが、気にしないでください。

Haku Duet レビュー

実は毎年必ず今年の目標を決めています。
去年は蒙古タンメンの北極を食べるでした。

今年は、、、
「毎月、2個ブログをかく!!」
でした。いやいや、もう7月。
半分以上今年が終わってるやんけ。

でも良いんです。帳尻が合えば。
良いんです、仕事以外のやりたくない事は無理にしなくても。

今日は久しぶりにブログを書く気持ちになったので、今日はブログ記念日。

ではでは、レビューして行きます。
今日はオーストリアのhaku engineering の新作
Haku duet です。

外箱の外観
シリアルはなんて事ないものでした。
f:id:situm2ob:20210716201855j:plain
付属品
f:id:situm2ob:20210716202924j:plain
デッキ 上からと横から
f:id:situm2ob:20210716202957j:plain
f:id:situm2ob:20210716203056j:plain
今回のビックリポイントはポストの六角が大きくなったところ!ボトムピンと同じ大きさになって工具が減った所はポイント高し!

トップキャップ
f:id:situm2ob:20210716203407j:plain
f:id:situm2ob:20210716203411j:plain
f:id:situm2ob:20210716203420j:plain
今回の目玉。エアフローがマイナスドライバーで調整できる事。前回のHaku Riveraも同じギミックでした。でもRiveraはエアフローを絞ると不圧が高くなってリキッドが思いの外吸い上がってべちゃつくのが多くて困りました。
今回は如何に?!

何も考えずにビルドします。
f:id:situm2ob:20210716203653j:plain
コットン通して、、、
f:id:situm2ob:20210716203012j:plain
気持ち片方に寄せてみたり
f:id:situm2ob:20210716203730j:plain

いざ!実食!
0.68Ω
24wにて。
すぅぅーー!ぷはー!
さすがhaku!美味しい!
味はよく出てる気がします。
リキッドの味をバランス良く出すアトマです。

ではでは、次はお楽しみのエアフロー調整。
全開で少し重めのDLって感じです。
ネジが上に付いていて、大きい穴と小さい穴を調整できます。
f:id:situm2ob:20210716203411j:plain

これがどれだけmtlになるのかな?
クルクル
どちらも全閉だと重いけどキツキツのMTLって訳じゃないです。

ピンの仕組みはこんな感じ。
f:id:situm2ob:20210716210412j:plain
片側に壁があってそこに来るとエアーを閉める感じ。
f:id:situm2ob:20210716210442j:plain

キツキツは無理だけど、重めのDLが好きな人は好みのエアーを探せるかもです。

あとイマイチポイント

ここがイマイチ!
その1:エアフローのピンが同じ色なので閉まってるのか空いてるのかよく分からない!
黒を買ったのもあるけどイライラする。

その2:コットンの位置にエアフローがくる。
個人的にはマジで謎。ちょっと工夫が必要な感じがする。何も考えないと壁に当たって可哀想な感じになる。
f:id:situm2ob:20210716210906j:plain
追記
ヘリっぽい所にエアフロー来るよーって事らしい。空いてる空間にコットンを置くと解消されます。
f:id:situm2ob:20210717113544j:plain

その3:エアフローを絞ると笛鳴りがする。
これはしょうがないのかもだけど、しゅーしゅーうるさい。

最後にvennaと比べるどうか?
vennaは背が低くデッキも狭く、味がダイレクトに来る感じがする。duetはデッキが広く、1ミリくらい高いのでエアフローが調整できるhaku cruiserって感じ。

味はよく出るし、後はドローの好みの世界だと思う。個人的にはぶっちゃけエアフローの無段階調整はめんどくさいし、モッダーの好みの位置で世に送り出してくれ派です汗。簡単で美味しくあって欲しいかぎりだよ。

購入の参考になれば幸いです。

Drip Social リキッドレビュー

お子様ランチ、カレーライス、ラーメン、、、なぜ食品サンプルはあんなにも美味しそうに見えるのか、、、。

それは当たり前。

なぜなら誇張してるからである。
売れるためなら何でもしちゃうのも当たり前。
ワクワクしながら待ってあげく、実物とのギャップに苦しんだ人は多い事だと思う。

今回のリキッドが正にである!!
激おこやで!!
買ったときに表示されてたのがコレ。
f:id:situm2ob:20200817215027p:plain

んで。届いたのがコレ。
f:id:situm2ob:20200817215103j:plain
書体もラベルも全部違うやないか!!
激おこやで!o(`ω´ )o

いや、分かるよ。中身が同じなら良えやん理論。それはお子様ランチが使う理論と全く同じである。

「口に入れば皆同じ」

んじゃ、吸って、味わってやろうじゃないか。

味の説明
A blast of sweet, tangy and refreshing Lychee X Fruits, perfectly balanced with a touch of ICE.

英語に詳しくないので、ざっくりとピリッとしたライチ味と理解しました。

いざ、実食

アトマ biatch
抵抗値 0.48
コイル径 3ミリ
ワッテージ 24w

むむ!むかつく事に美味い!
ピリッとしたライチは分からないけど、
確かにライチと清涼剤が良い感じに夏っぽさが出てる。ライチは一口目は美味いけど、だんだん口が慣れるとケミ臭く感じるのも多いけど、コレはそんな事なくスッキリいつまでも美味い。

何より甘すぎないのが素晴らしい。
物足りないって感じる人もいるかもしれないけど、チェーンスモークするにはこの位が個人的にちょうどいい。


Mission XV と言うメーカーサイトから買えます。最近はBBのスイッチを作って爆発的な人気があるところです。もし、運良くスイッチが買えた際は送料のついでに一本お勧め致します。

Evade Mod 「Parvum MTL Bundle」なんちゃって版レビュー

最初に自分はクローンは推奨していません。
あくまでお試しで買って、良ければ本物を買うようにしてます。

今回は個人的に前から気になってたrdaを紹介します。

美味しいrdaはどんなrdaか?色んな意見があると思うけど、味が濃く出るのが大前提だと思ってます。

味を濃く出すには、ミストを濃くしてやれば良いわけで、簡単な方法がデッキを狭く、ミストを濃いまま吸わせれば良い訳で。

それで言うと今回のデッキはすんごい狭いので、前からどんな味がでるんだ?!って気になっていた訳です。激狭デッキと1ミリエアホールの真価はいかに!

では見ていきます。

分かりづらいけど、少し段差があってコイルを組みやすくなってます。
f:id:situm2ob:20200715200539j:plain

コイルオン。きたないのは許して。
コイルはカンタルA1の24gaです。
f:id:situm2ob:20200715200842j:plain

キャップ裏はこんな感じ。デッキの凹凸に合わせる感じ。
f:id:situm2ob:20200715201256j:plain
MTLキャップ。キツキツのエアホール。
これが試してみたかった。穴は1ミリ。
f:id:situm2ob:20200715201328j:plain

おおー、軽く咽せるくらいタイトなドロー。
かなりキツいmtlが好きだったらオススメです。

次は通常のキャップ。
エアホール:2.5 x 1.5mm
f:id:situm2ob:20200715201706j:plain

こんなふうに上が外せます。
f:id:situm2ob:20200715202814j:plain
好きな風に絞れます。
全開は重たいDLのような吸い心地。
「なんちゃって」なので味の事についてはあまり触れませんが、狭いデッキの割には、、、ってのが感想。ぶっちゃけどこにでもあるrdaって感じです。

でもMTLキャップはすごい!なんちゃってなのに味がめちゃ濃くでる。多分オーセンはもっとおいしいはず!!

あとこのミゾが放熱の役割を果たしてトップキャップに口が付くけど、アチチにならないのは良いデザインだと使って思いました。
f:id:situm2ob:20200715210317j:plain

とは言え、EVADE MODさんは中々入手難易度が高い。Facebookのコミュニティでの販売なので、いつでも手に入るものではない。店舗にも流れるけど数が少ない系。管理者の人にメールで「売ってくださいな」って送ったらもしかしたら手に入るかも。
なので、メルカリやヤフオクなどで出てくる待ちになると思います。

キツキツなドローを求めてる人は手に入れてみる価値あるかも!

ARCH Tank 22 by Limelight レビュー

めんどくさいや、やりたくない、楽したいこそが人間が新たな技術を手に入れるきっかけだと思ってます。

今回はARCH Tank 22 by Limelight を
レビューします。

このアトマは画期的でbbのブリッジがデッキ代わりになる優れもの!
前々からbbは小さくて楽で好きなんだけど、boroタンクがなぁー、めんどくさいなーって思ってました。

めんどくさいポイント

1.アトマが綺麗に入らない。
Oリングが硬くて上手くはまらないことないですか?私はしょっちゅうです。本当に嫌になる。まあ、これでいけるっしょ!ってやると漏れまくる。ハマらないのか、漏れるのかどっちかにしてくれって良くなってます。

2.リキチャがめんどくさい!
パネル外してガラスをズラしてリキチャ。
うん、そんなに面倒くさくもないかも。
でもヘタッたOリングがウニョって出るの、大嫌いです。

上記の事でイラっ!としたことある方はもしかしたら楽になるかもです。

でわでわ、見ていきましょう。
分解するとこんな感じ。

リキチャはトップフィル。

基本的に全部スレッドでハマってます。
ハマるまでカタカタするので、少しイラっとします。ハマるとヌルヌルと入っていきます。

タンクはウルテムとクリアの二つ

Oリングもなく入ってるので少し不安になる。
でも二つ付けてくれるのは気前がいいね!

付属品はこんなかんじ。Oリングのみ。

今回はこちらのブリッジ。
Haku XETA

ここに、、、

ぽん!

全部セッティングすると上からコイルが見えるが分かります(見えづらいけど)

リキチャして、いざ!
スーッ、プハー。

おおー、xetaだ。当たり前だけど。
ドローは意外とそのままなかんじ。

そして何かをミスってやたらジュルる。
少し滲む。どっから漏れてるのか分かったらまた追記します。

あとオプションも買ったのでご紹介。

金色のドリチと金色のビューティーリング。

着けるとこんな感じ

エアーが塞がってるんだけど、これでいいのかな?謎だわ。

あと注記です。
このアトマはサイズ径が22と24があります。
vape shellの様な幅広いタイプは24じゃないとショートするそうです。

こういう系ね。

ご注意ください。

今回はhakuエディションを買ったので艶消しですが、通常品はピカピカみたいです。

価格は79,90€プラス送料

おしまい

Alice in Vapeland製 Cherry Blossom Teaレビュー

小生の仕事は営業職で主に工場向けの製品を扱ってます。お客様は得てして「前と同じ物」を欲しがるケースが多いです。しかしメーカーさんは無情にも生産中止して、手に入らなくなる事もしばしば。

でも、最近気がつきました。生産中止になるのはそれなりの理由があっての事。値段が安くなるのもそれなりの理由があっての事。

今回はAlice in Vapelandのリキッドをレビューしたいと思います。購入の決め手は安かったからです。

設定
ワイヤー 二クロム80 24g
抵抗値:0.36
ワッテージ:27w

お店の説明
チェリー、桜、紅茶
さわやかなチェリーと紅茶でリッチな味わいです!

でわでわ吸って行きます。
すぅーーーぷぁーー!

最初に来るのはサクランボの柔らかな香り、
その後にふんわり紅茶っぽいの香り。
甘さは控えめでさっぱりです。
後味もさっぱりで紅茶系のリキッドに良くある苦味みたいな物はない感じです。
後味にほんのりサクランボのシロップ漬けのような香りが残ります。

伝わりましたでしょうか。

薄いです。
ものすっごく薄いです。

エアーを絞って味を濃く出しても薄い。
苦肉の策で強めのニコチンを入れて骨太にしてやっと吸える感じです。

ただ、薄いだけで全体的にはケミカル臭くも無いし、良い材料で作られてるんだろうな!って感じです。

なんだろ、結婚式とかですごく上等なお吸い物を食べた時の、あれ?出汁の味はするけど塩分とか無くね?素材の味がぁ〜的なやつかい?って感じに近いです。

思いっきりポジティブに考えるのであれば、シーシャ(水タバコ)に近いかな?45分くらい吸ったシーシャの味の抜けかた時に近いです。あれはアレで吸いつかれなくて良いしね。

そう、吸いつかれない。我ながら良いワードが出た。味が濃くないのでこの味一色にならないのは良いかも。飯の直前にも吸えちゃう感じ。

もしかしたら自分が味の濃いリキッドに慣れすぎたのかもらしい疑惑も否めないですが恐ろしくさっぱりしたリキッドでした。

本当にさっぱり系を探されてる方はどうでしょうか?

Bolt spark 650sレビュー

虎屋と言えば羊羹。

やまやと言えば明太子。

メカスコと言えばBOLT。

 

イメージがあるのは強いけど、そこから身動き出来なくなる事もしばしば。でもそこから少し遊び心が見えると粋だな!って思います。

 

そんなboltからメカmodが出たので買ってみました。vapeを始めたとき、プラスチックの箱に2〜3万も出すなんて信じられない!って思ってました。タイムマシンがあるなら戻って自分をぶん殴ってやりたい。

「あれはデルリンだ!プラスチックじゃない!同じに見るな!」

とうりゃぁ!!o(・ロ・)○()o×)/ばきぃっ!!

 

でわでわ、レビューしていきます。

正面からはこんな感じ。

f:id:situm2ob:20190921102606j:image

横は滑り止めなのかな?

少し内側にそってて持ちやすい。

f:id:situm2ob:20190921102628j:image

裏面はboltらしさ爆発。

f:id:situm2ob:20190921102713j:image

内面物理ロックあり。バッテリーはリボン入れないと悲劇が起きるやつ。シルバーなので通電早くていい感じです。

f:id:situm2ob:20190921102816j:image

付属でポーチとSSボタンも付きます。

f:id:situm2ob:20190921102924j:imagef:id:situm2ob:20190921102933j:imagef:id:situm2ob:20190921102942j:image

 

ちなみにスライドして開けます。

f:id:situm2ob:20190921103012j:image

接点は510。

f:id:situm2ob:20190921103108j:image

25ミリのアトマを乗せるとこんな感じ。

ギリなのでコレ以上はむりかな。

f:id:situm2ob:20190921103723j:image

色は三色。黒デルリン、ウルテム、クリア。

モッダーさんから拝借。

f:id:situm2ob:20190921103932j:image

コレがやりたかった!

f:id:situm2ob:20190921110204j:image

案外コンパクトで120ミリボトルとの比較。

f:id:situm2ob:20190921110234j:image

 

感想は所有満足度が高い!!

写真で見たときは思わなかったけど、案外高級感がある。電池が透けて見えるのでリラップとかで遊ぶと楽しいかも。表面がマットな感じも良いけど、時期が来たら磨いてヌルテカにするのも楽しいかな!

あと型式が650sだから18350や20700ももしかしたら出るのかな?Facebookには余り作る気ないよ!って書いてあったけど、どうなってくのかな?個人的には気に入ったから色んなカラーを揃えてみたい所だけど。

 

今回はFacebookのリストから購入しました。

気になる方はグループに入ってみるのをお勧めします。

Haku xeta レビュー チムニー編

スターバックスが流行ったのは、マックブックが似合うおしゃれーな雰囲気だからであろうか?それともサイズがラージじゃなくてグランデっていつもと違う呼び方だからだろうか?

小生はそんなのはオマケだと思う。スタバが流行ったのはコーヒーをカスタム出来る所だと思う。豆乳に変えたり、ミルクをアワアワにしてみたら自分好みに出来る点から出発してると思う。そこにおしゃれーな人達が反応して集まった結果が今のスタバな気がする。

自分好みにできるってすごく大事な要素だと思う。ちなみにスタバはタバコが吸えないので10年くらい行ってないです!今更だけど喫煙室作ってくれよ!むしろvape室で良いから!

 

今回のアタマはMTLからDLまで自分好みに設定できる夢のアトマ!どうでも良いですが、自分好み緑色なのは小生が好きな色だからです。

ではでは見ていきます。

中身はこんな感じ。

f:id:situm2ob:20190818105043j:image

本体

f:id:situm2ob:20190818105116j:image

f:id:situm2ob:20190818105136j:image

本体バラすとこんな感じ。

f:id:situm2ob:20190818110221j:image

チムニー (本体分と合わせて計3種類)

f:id:situm2ob:20190818105217j:image

エアフローアダプタ(こちらも3種類)

f:id:situm2ob:20190818105255j:image

組んでみます。

f:id:situm2ob:20190818110337j:image

なんとアトマにスレッドが切っているので

そのまま焼き入れ出来ます。

便利! 

止め方はクランプ式。

ワイヤーも逃げないし、ストレス無く組めます。

f:id:situm2ob:20190818110517j:image

コットン入れて

f:id:situm2ob:20190818110705j:image

完成!

f:id:situm2ob:20190818110729j:image

このアトマイザーは、エアーの入り口と出口を自分好みに調整できるのが特徴。

今回はチムニー。エアーの出口をレビューします。入り口も近いうちにレビューしたいと思ってます。(予定は未定)

f:id:situm2ob:20190818111648j:image

オプションチムニーを入れない場合7ミリ径のチムニーです。

右から1ミリ径、3ミリ径、5ミリ径ってエアーを調節できます。

 

アトマの設定

ワイヤー:ニクロム80  24g

抵抗値:0.5オーム

 

•7ミリ⇨スッカスカ。マジDL

 

•5ミリ⇨haku cruiserくらいのドロー。

少し重めのDLが楽しめる。 

 

•3ミリ⇨haku vennaくらいのドロー。

軽めのMTL。気持ちドローが重いかなって感じ。

 

•1ミリ⇨キツキツのMTL。

タバコを吸うレベルのMTL。

 

アトマ自体の味はhakuらしい、どこかの味を強調するので無く、全体の味をはっきり出す優秀なアトマ。BB用のアトマとしてはかなり味が濃く出るので非常におススメ。ドローも自分好みにできるのでこれ一台あればゴールな気がする。

今回はチムニーの味の出方を見たけど、まだエアフロー側の調節もできます。

f:id:situm2ob:20190818105255j:image

チムニーとエアフローの組み合わせで本当に自分好みのドローが表現できる気がします。

エアフローも1ミリ径があるので、チムニー1ミリと組み合わせた時のキツキツは、、、

オラ、ワクワクすっぞ!!

でわでわ!